このページの本文へスキップ
宮崎県立視覚障害者センター

総目次お問合わせ

新着情報

【センターより】編集後記

編集後記  山口弘子

 先日運転免許の更新をしたのですが、県内では年間3万件以上(1日平均83件)の人身物損事故が発生しているとの報告がありました。センター近くの江平五差路は2017年、日本一事故の多い交差点となってしまったことは皆さんの記憶に新しいと思います。高齢ドライバーの事故も増加傾向にある昨今、仲間入りもそう遠くない私ですので、宮崎県交通安全協会の冊子に掲載されていた脇見・ぼんやり等漫然運転の防止と「かも知れん」運転を心掛けたいと思います。
 「かも知れん」運転とは、運転中、出会うかも知れない危険状態をあらかじめ予測することで交通事故を回避しようとする運転方法で、前方の人が急に横断する「かも知れん」、一時停止で止まらない車がいる「かも知れん」などです。
 30年以上無事故無違反ですが、過信せず、これからも安全運転を実践し続けたいと思います。

▲ページの先頭にもどる